適正ウエイト

この記事は約2分で読めます。

最近、ダイビングの快適度の8割くらいを
ウエイトが占めるんじゃないかと思っており、
にもかかわらず、8割くらいのダイバーが
オーバーウエイトなんじゃないかとも思っており、
適正ウエイトについて考えることが多い。
適正ウエイトってのは実測するのが手っ取り早いのだが、
というかそれが一番正確なわけだが、
それはあくまで潜る前の適正ウエイトに過ぎない。
問題は後半のタンクの浮力増加対策に何㌔ウエイトを足すか、
もしくは、足さなくていいのかってこと。


結局それはスーツの浮力変化の問題に尽きる。
潜る前と潜った後のスーツの浮力変化。
およそ1㌔減ってしまうという過去のデータがあるので、
タンクの浮力増加分およそ2㌔と相殺するために、
潜る前に1㌔足しておくようにと寺子屋では教えている。
しかし、3㍉では? 六半では? 
さらに、新品では? 使い古しでは?
どれくらいの浮力変化があるのだろうか?
そのデータがない。
使った頻度、厚さ、素材、メーカー別でデータを出せたら、
ちょっとした革命。いずれやろうと思っているのだが、
とりあえず今月号の締め切りが迫っているので、
いきなり全部はちょっと厳しい。
小出しにもしたいし。ブブカ方式(笑)
なので、週末を使ってとりあえず3㍉と5㍉のスーツで
試してみようと思っている。
富戸でバネばかりを持って潜るあやしい男がいても
無視してほしい。
※今日、船舶免許が届いた! 
海の男に一歩近づいた気分。へへん。

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

writer
PROFILE
法政大学アクアダイビング時にダイビングインストラクター資格を取得。
卒業後は、ダイビング誌の編集者として世界の海を行脚。
潜ったダイビングポイントは500を超え、夢は誰よりもいろんな海を潜ること。
ダイビング入門誌副編集長を経て、「ocean+α」を立ち上げ初代編集長に。

現在、フリーランスとして、ダイバーがより安全に楽しく潜るため、新しい選択肢を提供するため、
そして、ダイビング業界で働く人が幸せになれる環境を作るために、深海に潜伏して活動中。

〇詳細プロフィール/コンタクト
https://divingman.jp/profile
〇NPOプロジェクトセーフダイブ
http://safedive.or.jp/
〇問い合わせ・連絡先
teraniku@gmail.com

■著書:「スキルアップ寺子屋」、「スキルアップ寺子屋NEO」
■DVD:「絶対☆ダイビングスキル10」、「奥義☆ダイビングスキル20」
■安全ダイビング提言集
http://safedive.or.jp/journal
  • facebook
  • twitter
  • Instagram
FOLLOW