ブラジルでウミガメの混獲が問題に

この記事は約1分で読めます。

ブラジルの沖合で、漁網にアオウミガメがからまり、溺死してしまう混獲が問題に。
その数は過去20年間で数百万頭にのぼるという報告もあり、
TED(ウミガメ排除装置)という漁網の奥にウミガメが侵入しないようにする装置が試されています。

ダイビング カメ ダイビング カメ

(※混獲について:NATIONAL GEOGRAPHICより) 
(※混獲防止装置について:NATIONAL GEOGRAPHICより) 

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

writer
PROFILE
学生時代にアルバイトをしながらダイビングを始め、『マリンダイビング』編集部を経て独立。2007年にオーシャナの前身となるダイビング・ドット・コミュを立ち上げる。
現在はフリーライターとして活動。旅行ガイドブックや企業インタビュー、WEB記事など、多くのジャンルとメディアにおいて、取材・撮影・執筆を行なっている。
モットーは「楽しく安全なダイビング」。苦手なスキルは耳抜き……。
  • facebook
  • twitter
FOLLOW