恩納村やケラマにサンゴ9万本移植

この記事は約1分で読めます。

沖縄県が、2011年度からサンゴ礁保全再生事業として、サンゴの植え付け等を開始。
恩納村とケラマ諸島周辺、それぞれ15,000平方mの範囲で、ミドリイシなど約9万本のサンゴを植え付けるなど、大規模な活動を行なう。

琉球新報より) 

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

writer
PROFILE
学生時代にアルバイトをしながらダイビングを始め、『マリンダイビング』編集部を経て独立。2007年にオーシャナの前身となるダイビング・ドット・コミュを立ち上げる。
現在はフリーライターとして活動。旅行ガイドブックや企業インタビュー、WEB記事など、多くのジャンルとメディアにおいて、取材・撮影・執筆を行なっている。
モットーは「楽しく安全なダイビング」。苦手なスキルは耳抜き……。
  • facebook
  • twitter
FOLLOW