ダイビング後がラクになる、ウエイトベルトを外すタイミング

この記事は約2分で読めます。

知っている人には当たり前のことですが、海でダイバーを見ていると、「意外と知らない人が多いのかも」と最近思うのが、ダイビングが終わってエグジット後のウエイトベルトをはずすタイミング。

エグジット後、器材をおろす前にはずしてしまうと楽ちんです。

ダイビングのウエイトベルトの外し方

ダイビング前、ウエイトは最初につけるので、ダイビング後は、その逆、何となく最後にはずす流れになるのでしょうか。
あるいは、BCジャケットに絡まってはずしづらいというイメージがあるのかもしれません。

しかし、器材を背負ったままでも、普通は問題なくはずせますし、はずせるタイミングでとっととウエイトをはずしてしまった方が、腰回りに自由が生まれ、身軽に作業ができるので楽ちんです。

もし、いつもウエイトは最後にはずしていたという人は、一度、器材を降ろす前にウエイトをはずしてみてください。
ダイビングがちょっとだけラクになるかもしれませんよ。

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

writer
PROFILE
法政大学アクアダイビング時にダイビングインストラクター資格を取得。
卒業後は、ダイビング誌の編集者として世界の海を行脚。
潜ったダイビングポイントは500を超え、夢は誰よりもいろんな海を潜ること。
ダイビング入門誌副編集長を経て、「ocean+α」を立ち上げ初代編集長に。

現在、フリーランスとして、ダイバーがより安全に楽しく潜るため、新しい選択肢を提供するため、
そして、ダイビング業界で働く人が幸せになれる環境を作るために、深海に潜伏して活動中。

〇詳細プロフィール/コンタクト
https://divingman.jp/profile
〇NPOプロジェクトセーフダイブ
http://safedive.or.jp/
〇問い合わせ・連絡先
teraniku@gmail.com

■著書:「スキルアップ寺子屋」、「スキルアップ寺子屋NEO」
■DVD:「絶対☆ダイビングスキル10」、「奥義☆ダイビングスキル20」
■安全ダイビング提言集
http://safedive.or.jp/journal
  • facebook
  • twitter
  • Instagram
FOLLOW