世界一周の、その次へ。竹沢うるま写真展「Indigenous」開催

この記事は約3分で読めます。

写真家・竹沢うるまさんの写真展「Indigenous」が2013年11月27日(水)より新宿コニカミノルタプラザにて開催されます。

竹沢うるま写真展「Indegenous」

1021日にわたって103ヶ国を巡った世界一周の旅を終えた写真家、竹沢うるまさん。
今年の8月には、その世界一周の旅を振り返った写真展「Walkabout」を開催し、同名の写真集も出版されました。

今回の写真展「Indigenous」では、「大地と共に生きる人々」を撮影した35万点に及ぶ写真から、厳選された約40点が展示されます。

広大なパンタナールを旅するカウボーイたち、アンデス山脈でアルパカの放牧をして暮らす人々、アフリカ大陸の最奥地で巨大な角を持つ牛と共に生きるウォダベ族、パミール高原の遊牧民…。

それぞれに通じる「大地と共に生きること」を問いかける写真展になっています。

「Walkabout=放浪」から、「Indigenous=土着へ」。
竹沢うるまさんが長きに渡る「Walkabout」で何を得たのか、そしてこれからどこへ向かうのか。

皆さん、ぜひ足を運んでみてください。

また、11月30日(土)14:00からは竹沢うるまさんのトークイベントも開催されます。
このトークイベントに関して、竹沢うるまさんはFacebook上で「長い旅を終えてから、いろんなところで旅の話をしてきたけれども、恐らく、自発的に旅の話をするのは、これで最後になるかと思います。」と語っています。

なお、写真展「Walkabout」開催にあたって、世界一周の旅を終えられた竹沢うるまさんにオーシャナがインタビューした記事が以下になります。
こちらを読んでいただくと、今回の写真展もいっそう楽しんでいただけると思います。

コニカミノルタプラザ特別企画展
竹沢うるま写真展「Indigenous -躍動する大地と人の輝き-」

○期間
2013年11月27日(水)~12月9日(月)
○場所
新宿コニカミノルタプラザ(入場無料)
東京都新宿区新宿3-26-11 新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)
○開館時間
10:30~19:00(最終日は15:00まで)
○入場料
無料

竹沢うるまスライドトークショー

○日時
2013年11月30日(土)14:00~15:00
○場所
新宿コニカミノルタプラザイベントスペース
○参加費
無料
○定員
最大50名
※定員を超えた場合は、立見となります(会場の都合により入場をお断わりさせて頂く場合もあります)
○申込方法
先着順
※開演2時間前より、会場にて整理券を配布。

竹沢うるま 写真展「Indigenous」-躍動する大地と人の輝き- | コニカミノルタ

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

writer
PROFILE
2002年から2014年まで広告代理店(株式会社電通)に勤務し、テレビCM・グラフィック(新聞・雑誌)広告・ウェブサイト等の企画・制作や、各種プロモーションの立案に携わる。

電通で働いていた頃から、土日は都市型ダイビングショップのダイビングインストラクターとして講習やガイドを行う。

ダイビングが好きな人たちに自分なりの形で貢献したいと考え、メディアへの知見とインストラクターとしての経験を活かし、2010年にスキューバダイビング.jpを立ち上げる。
その後、2012年4月から越智隆治、寺山英樹とオーシャナを立ち上げ。

オーシャナでは、サイト全体の管理・運営や記事執筆、物販、営業など、プロデューサー的な役割を担う(なんでも屋とも言う)。

好きなものは音楽のライブ・フェスとサッカー。
男ではあるが普段着はスカートを愛用。
  • facebook
  • twitter
FOLLOW