さまざまなダイビングの言葉を網羅する「最新ダイビング用語事典」が発売中

この記事は約2分で読めます。

さまざまなダイビングの言葉・用語を網羅した「最新ダイビング用語事典」が発売されています。

最新ダイビング用語事典(JAUS編)

これはJAUS(日本水中科学協会)が編集したもの。
プロダイバーから一般ダイバーまで、いろんなダイバーに役立つ事典となっています。

例えば、「ウエットスーツ」の項目の説明をご紹介してみます。

ウエットスーツ
服内に水が入るが、水は体温で暖められて体温とほぼ同じ温度になり、素材の断熱効果も加わり熱が保持される。
服内に空気が入っていないので、スクイーズになりにくい。
ドライスーツに比べて、動きが自由である。

これは基礎的な単語ですが、他にもとても専門的な用語まで、分かりやすく体系的にまとめられています。
定価は5,670円(税込)、B5判で300ページとなっています。

最新ダイビング用語事典(JAUS編)

お買い求めご希望の方は、こちらのPDFをご覧いただき、FAXまたはメールにてご注文ください。

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

writer
PROFILE
2002年から2014年まで広告代理店(株式会社電通)に勤務し、テレビCM・グラフィック(新聞・雑誌)広告・ウェブサイト等の企画・制作や、各種プロモーションの立案に携わる。

電通で働いていた頃から、土日は都市型ダイビングショップのダイビングインストラクターとして講習やガイドを行う。

ダイビングが好きな人たちに自分なりの形で貢献したいと考え、メディアへの知見とインストラクターとしての経験を活かし、2010年にスキューバダイビング.jpを立ち上げる。
その後、2012年4月から越智隆治、寺山英樹とオーシャナを立ち上げ。

オーシャナでは、サイト全体の管理・運営や記事執筆、物販、営業など、プロデューサー的な役割を担う(なんでも屋とも言う)。

好きなものは音楽のライブ・フェスとサッカー。
男ではあるが普段着はスカートを愛用。
  • facebook
  • twitter
FOLLOW