マニラ空港の両替・注意点

この記事は約3分で読めます。

GWのトゥバタハリーフ・クルーズに同行する私。
少しずつ準備を始めているわけだが
先ほどフィリピン・ペソの余りを見て、
トゥバタハリーフの国立公園料(3000ペソ)はとりあえずあるのでほっとする。

そういえば、昨年だったか一昨年だったか、マニラ空港に到着してから
すぐ外に出てしまったので、両替に困ったことを思い出した。

税関を出る前に確か両替をしなくてはいけなかったはず。
(もしかしたら、外側にもカウンターがあるかもしれないけれど
記憶がない・・・)。

トゥバタハリーフ以外にも、フィリピンの他のリゾートへ行く方は参考にしていただければと思い、だいたいの両替の目安を紹介してみようかと思う。

両替は成田空港の銀行などでも日本円からペソに両替ができるし(ちょっとレートが良くないが)、現地でも日本円からできる。
ただ、余らせたらペソから日本円に戻す時に非常にレートが悪いので
使う分ぐらいを両替するのがコツ。

なので、

例えば、トゥバタハリーフのクルーズの場合、
絶対に必要なお金が
入海料 3,000ペソ
国内線と国際線の空港使用料 805ペソ
チップ 400ペソ×6日間=2400ペソ
の合計5,205ペソ。
今日のレートが1ペソ=1.9125円なので、
両替所では1ペソ=約2円として、
日本円にすると1万500円ぐらい。
でも、両替でコインは受け付けてくれないので
11,000円が最低必要な両替する分となる。

到着日の夜のマニラでの食事(1000円もあれば十分)、
プエルトプリンセサでたぶんスーパーマーケットなどへ行って買い物もするので(1000円分もあれば十分!?)、
最低13,000円ぐらいを両替すればいいんだと思う。

アルコールを持ち込みたい方は
現地のラム酒などを買っても1,000円あれば十分
(ビールは船にある。途中で足りなくなる可能性はなくはないから手持ちしてもいいかも)。
飲みたい方は、あと2,000~3,000円分をプラスして
両替すればいいかも(合計15,000~16,000円)。

船ではビールやソフトドリンクはUSドル払いだから
USドルは日本である程度両替しておいて、持っていたほうがよろしいかと・・・。

ちなみに、他のエリアでのチップは
何かしてもらうたびに20ペソぐらい(ルームキーパー1日1ベッドにつき、ポーターに荷物1個につき)が目安。
レストランンやタクシーは料金の10%ぐらい。
ダイビングは1日10ドルぐらい(または400ペソぐらい)。

ということで、使い慣れてない外貨にチップ・・・。
賢く両替して、賢く使いたいものである。

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

FOLLOW