オーストラリアが世界最大の海洋保護区を計画

この記事は約1分で読めます。

11月25日、オーストラリア政府により、世界最大の海洋保護区(珊瑚海連邦海洋保護区 Coral Sea Commonwealth Marine Reserve)を作成する計画が発表された。
海域は、グレートバリアリーフの東。100平方kmに及び、フランスとドイツを合わせた面積と同等という。
一帯は、サンゴ礁や海底火山など多様な環境を有し、
絶滅の危機にあるタイマイの回遊エリアともなっているという。

NATIONAL GEOGRAPHICより)
 

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

writer
PROFILE
学生時代にアルバイトをしながらダイビングを始め、『マリンダイビング』編集部を経て独立。2007年にオーシャナの前身となるダイビング・ドット・コミュを立ち上げる。
現在はフリーライターとして活動。旅行ガイドブックや企業インタビュー、WEB記事など、多くのジャンルとメディアにおいて、取材・撮影・執筆を行なっている。
モットーは「楽しく安全なダイビング」。苦手なスキルは耳抜き……。
  • facebook
  • twitter
FOLLOW