海好きにはたまらない、パラオのマリンアクティビティまとめ

この記事は約4分で読めます。

最近、テレビや雑誌でパラオを頻繁に見ますね。
ちょっと前までダイバーの楽園というイメージしかありませんでしたが、今やダイバーよりも自然を楽しみにいくリゾーターのほうが多いそう。

デルタ航空の成田~コロール直行便を使うと4時間半ですから、近場のネイチャーリゾートとして認識されると強いですよね。

確かにパラオのオプショナルツアーって海好きにはたまらない充実度。
人気スポットは干潮になると浮かび上がるオモカン島のロングビーチと、海底に白泥が積もったミルキーウェイ。
この2カ所を中心にスノーケリングやカヤックを組み合わせたツアーが定番です。

オモカン島のロングビーチ。潮が引ききる前の、波がひたひたよせてくる時間帯もキレイなんです

オモカン島のロングビーチ。潮が引ききる前の、波がひたひたよせてくる時間帯もキレイなんです

ミルキーウェイは、やっぱり大勢で行って、顔中真っ白に塗りたくって、わいわいやるのが楽しい!

ミルキーウェイは、やっぱり大勢で行って、顔中真っ白に塗りたくって、わいわいやるのが楽しい!

スノーケリングの充実度はいうまでもないですね。サンゴもきれいで多種多様な生物が見られる、最高のフィールドです

スノーケリングの充実度はいうまでもないですね。サンゴもきれいで多種多様な生物が見られる、最高のフィールドです

マングローブの水路からサンゴが広がるリーフまで、さまざまな楽しみ方があるカヤック。ナイトカヤックも人気です

マングローブの水路からサンゴが広がるリーフまで、さまざまな楽しみ方があるカヤック。ナイトカヤックも人気です

さらにパラオ随一の幻想スポット、ジェリーフィッシュレイクも外せませんね。
無数のタコクラゲが浮遊する不思議な景観に癒されます。

何度行ってもジェリーフィッシュレイクの雰囲気はいいです。ただクラゲがいるだけなんですが…笑

何度行ってもジェリーフィッシュレイクの雰囲気はいいです。ただクラゲがいるだけなんですが…笑

そんなこんなで、現地にはいろいろな海の遊びを組み合わせたツアーがあるんですが、何だかいっぱいあってセレクトに困る…。
特にダイバーは、潜れない最終日に珠玉のツアーを選びたいから悩む、悩む。

スポットごとの滞在時間は短いけど、欲張りにいろいろ体験しちゃうのか、それとも行き先を絞ったツアーにするのか、はたまた半日ツアーにして残りはのんびり過ごすのか。
選択肢は豊富です。

ということで、パラオの海ツアーをまとめてみましたよ。
これでどのツアーがどこに行くのかは一目瞭然!
もちろんツアーの雰囲気とかスノーケリングのポイントとか、お弁当の中身とか、ほかにも比較したいところはありますが、とりあえず目安にはなるかと。

スノーケリングも1カ所で潜るツアーもあれば、3カ所を巡るツアーもあるので、そのへんはウェブサイトでチェックしてみてください。
(クリックすると拡大されます)

パラオのアクティビティ[

注)ツアーに含まれるスポットは、時期や気象条件などによって変更される可能性があります
※1 カープアイランドにも上陸
※2スノーケリングは時間に余裕があるときのみ

催行会社)
A…ロック・アイランド・ツアー・カンパニー
B…インパック
C…ディスカバリーツアー
D…プレジャーアイランド

これ以外にも、パラオにはジャングルをトレッキングするツアーとか、イルカと泳ぐドルフィンツアー、上空から広大なリーフを望むセスナツアーなど多彩な遊びが用意されています。

僕のお気に入りは、以前オーシャナでも紹介したカヤンゲル島へのツアー。
ここのロングビーチは足跡ひとつなくてプライベート感いっぱい!
デルタ航空の直行便のほか、JALのチャーター直行便も好調みたいですよ♪

パラオのビーチ
\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

PROFILE
ビーチリゾートをメインにしたトラベルライター。
50以上の国を訪れた経験を生かし、旅行ガイドブックや旅行雑誌などを制作している。
編集プロダクション「アトール」所属。
  • facebook
  • twitter
FOLLOW