MIYAKO Free! “ゆるフォト”カメラマン・むらいさち×宮古島の優しい横顔

ウェブマガジン宮古島

Miyako / 宮古島

自由で、気持ちがよくて、可愛い宮古島

Photo
むらいさち
Text
寺山英樹
Special Thanks
宮古島ダイビング事業組合、JTA(日本トランスオーシャン航空)
Design
中村孝子
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
ウェブマガジン宮古島

Miyako / 宮古島

自由で、気持ちがよくて、可愛い宮古島

Photo
むらいさち
Text
寺山英樹
Special Thanks
宮古島ダイビング事業組合、JTA(日本トランスオーシャン航空)
Design
中村孝子
ocean+α BLUE Magを見る

この記事は約3分で読めます。

Discovery

~宮古島★再発見~

地形だけじゃない、宮古島のダイビングスタイル

宮古島の人気ダイビングポイントといえば、下地島(しもじじま)と伊良部島(いらぶじま)の周辺に集まる、いわゆる“地形ポイント”。
沖縄屈指、いや、世界屈指の造形美を持つからこその人気なわけで、宮古島へ訪れたなら、まずは潜ってほしいことに変わりはない。
ただ、宮古島の海を知れば知るほど、地形だけだと思われてしまうのももったいないとも思うのだ。
まず、先述したように、八重干瀬の広大なサンゴリーフがその筆頭格だが、その他、地形は地形でも、宮古島の南海岸や東海外には、またひと味違った手つかずの地形ポイントが静かに口を開けている。
さらに、同じ宮古島のガイドでも潜ったことがないというほどレアな高野エリアの海は、透明度は落ちるものの、魚影がとにかく濃く、回遊魚や大物に期待でき、生態系も独特。「無いのは穴だけ」という、良い意味で宮古島らしからぬ海だ。

宮古島「高野エリア」アカシマシラヒゲエビとクロホシイシモチ(撮影:むらいさち)

アカシマシラヒゲエビがクロホシイシモチをクリーニング 「高野エリア」

「宮古島は魚が少ない」というダイバーもいるが、これは誤解。
いや、確かに、石灰岩でできた地形ポイントでは、魚のバリエーションは豊富でなく、全体的にブルーの世界でカラフルなイメージはない。それがウリでもある。
しかし、サンゴポイントに潜れば生命に満ち、透明度と引き換えに栄養分をため込んだ湾内ポイントでは、じっくりフィッシュウオッチングや生態撮影が楽しめる。
むしろ、ワイドもマクロも両方楽しめるのが宮古島の本質だろう。
その上、陸の遊びもバリエーションがありアクセスもよいので、まさに、“通う沖縄”としてオススメなのだ。

宮古島・来間島のビーチのニシキテグリ(撮影:むらいさち)

来間島のビーチでは、サンセットダイビングでニシキテグリの交接シーンを狙える

ツフツワ干瀬のユビエダハマサンゴ(撮影:むらいさち)

独特の海、高野エリア。ツフツワ干瀬というリーフにはユビエダハマサンゴがびっしり

高野エリアの現地からレポートもチェック!

FOLLOW