白崎海洋公園

Wakayama / 和歌山

バディダイビング&フリーインストラクター応援宣言!

撮影
中村卓哉
構成・文
寺山英樹
Sponserd
SHIRASAKI OCEAN PARK
Design
Panari Design
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード

Wakayama / 和歌山

バディダイビング&フリーインストラクター応援宣言!

撮影
中村卓哉
構成・文
寺山英樹
Sponserd
SHIRASAKI OCEAN PARK
Design
Panari Design
ocean+α BLUE Magを見る

この記事は約3分で読めます。

もっと手軽にバディダイビングを楽しもう
バディダイビングの楽しみ方@白崎海洋公園

①近代産業遺産を探索!

岩山の内部は、かつて海軍基地や採掘場になっていたが、今は閉鎖されている

岩山の内部は、かつて海軍基地や採掘場になっていたが、今は閉鎖されている

かつて、海軍基地であり、コンクリートの採掘場だった時代の名残が水陸で見られ、近代産業遺産に指定されている白崎海洋公園。水中に眠る採掘場の鉄骨は、今ではソフトコーラルが付き、魚が群れている。

歴史と自然の生み出すフォトジェニックシーンが楽しめる。

鉄骨にはソフトコーラルや海藻が付着。水深が浅いので、光を入れたフォトジェニックなシーンが見られる

鉄骨にはソフトコーラルや海藻が付着。水深が浅いので、光を入れたフォトジェニックなシーンが見られる

岩山から採掘されコンクリートを海へ運ぶための設備が崩れ落ち、海に横たわっている

岩山から採掘されコンクリートを海へ運ぶための設備が崩れ落ち、海に横たわっている

②生きもの探しの醍醐味を!

ガイドが、次々に生物を探す姿はまるで魔法。「自分でも探してみたい!」と思ったことのあるダイバーも多いだろう。

なぜ探せるのかといえば、「潜る環境をよく知っていること」と「生物について知っている」から。そのうえで、センターからの最新情報をもとに探すことになる。

今回も、センタースタッフがマップを指さしながら「ジョーフィッシュがこの辺にいます」という場所へ。よ~く、砂地を見てみると、積まれた小石に縁どられたような穴が……。しばらく、見つめていると、ジョーフィッシュがひょっこり顔を出してくれた。


▼スナビクニンを見つけよう

shirasaki_MZ_5-5

岩場からユラユラ揺れるワカメ。その根元の部分はメカブと呼ばれ、ここがスナビクニンの住みか。重なったメカブの隙間を丁寧にのぞいていくと“悪人顔のダンゴウオ”ことスナビクニンがひょっこり顔を出してくれた。

shirasaki_MZ_5-4

ジョーフィッシュを見つけよう

shirasaki_MZ_5-7

着底して砂地をじ~っと見つめていると、動く気配が……。親指ほどの穴から顔を出すジョーフィッシュだ。一度見つけると、次から格段に見つけやすくなる。

shirasaki_MZ_5-8
FOLLOW